刑期満了した内柴正人の「柔術転向」に賛否両論…第一人者、中井祐樹はどう見るか?

刑期満了した内柴正人の「柔術転向」に賛否両論…第一人者、中井祐樹はどう見るか?
かつて柔道家として五輪を連覇した内柴正人。刑期を終えて、ブラジリアン柔術の選手として再始動しているが、柔術界からは賛否両論の声があるようだ
       
アテネ五輪、北京五輪の柔道金メダリスト、内柴正人が柔術で再始動──。

現役引退後、内柴は九州看護福祉大学で女子柔道部のコーチを務めていたが、2011年、女子部員へのセクハラ行為により懲戒解雇。さらに準強姦容疑で逮捕され、14年に懲役5年の実刑判決が確定し、静岡刑務所に服役していた。柔道界からは永久追放されている。

今年9月に仮釈放され、すぐさま柔術の大会に出場したことが報じられたが、柔術界は内柴の参戦をどう捉(とら)えているのか? 関係者に話を聞いた──。

***

内柴正人の動きが慌ただしい──。11月26日、ASJJF(アジアスポーツ柔術連盟)ドゥマウ主催の『JAPAN OPEN2017』で柔術デビュー。ミドル級、無差別級の2階級を制覇し、表彰台で久しぶりに金メダルを授与された。

続いて12月24日には再びASJJF主催の柔術大会『JAPAN CUP』に出場。今回は階級をふたつ落としたライト級と無差別級での挑戦だったが、桁外れの強さを見せつけ、オール一本勝ちでまたもや2階級制覇を飾った。

来たる12月30日には都内で行なわれるプロレス大会『ハードヒット』にも来場する予定。同大会のプロモーターで現役プロレスラーの佐藤光留(ひかる)が内柴に対してなんらかのアクションを起こすのでは?と注目されている。

ただ、内柴自身は総合格闘技やプロレスへの転向を真っ向から否定し、柔術に専念する意向を示している。ならば、受け入れた柔術側の反応はどうなのか。日本のブラジリアン柔術の第一人者である中井祐樹さんに話を聞いてみると、「個人的な見解」と前置きした上で、内柴の柔術転向についての意見を述べた。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「刑期満了した内柴正人の「柔術転向」に賛否両論…第一人者、中井祐樹はどう見るか?」の みんなの反応 17
  • 匿名 通報

    婦女暴行の懲役が軽くこうしてまた、内柴正人がメディアに出てくるから日本は、 慰安婦問題、世界から問題視されている、懲役を重くするのとメディアが取り上げないことを願う。

    24
  • 匿名 通報

    単なるセクハラじゃなくて、婦女暴行だろう。 正しく書けよ。

    20
  • 匿名さん 通報

    事件を認め、反省するなか服役したわけじゃないから、繰り返す可能性はあるよね。

    18
この記事にコメントする

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月27日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。