スピードスケート・小平だけじゃない!「平昌五輪」メダル獲得大予想

まもなく冬のスポーツの祭典が開幕ーー果たして、日の丸戦士たちは何個のメダルを獲得するのか!?

* * *

1月10日、アメリカのデータ専門会社「グレースノート」が、平昌五輪全種目のメダル予測を発表。日本のメダル総数は歴代最多の15個、金メダルは1998年の長野五輪に次ぐ4個と、景気のいい数字が発表された。

しかし…当然、この数字に満足しません! 何しろこの予測は「開幕1ヵ月前の状態で競技を行なった場合」という前提で作られたもの。でも、日本選手は開幕直前まで進化を続けているはず…。

ということで、週刊プレイボーイが独自に予想をしたところ、グレースノートの倍になる数字に!?

その独自予想をさらに確固たるものとするため、92年のバルセロナ五輪以来の夏季・冬季合わせて14大会連続で五輪を現地取材している“アマチュアスポーツの鬼”こと、スポーツライターの折山淑美(としみ)氏に話を聞いた。

折山氏がまず「金メダル間違いなし!」と太鼓判を押すのが、スピードスケート女子の500m、1000mに出場する小平奈緒(こだいら・なお)だ。

「彼女は完璧。今季のW杯でも断トツに強いですからね。あえて不安要素を挙げるならば、スタート時のレーンくらいでしょうか。W杯ではランキング1位の選手がインレーンスタートになるので、今季の小平はアウトレーンでのスタートが少ない。だから、アウトレーンに入ったときにどうなるか。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク