攻撃的か守備的か――目指すサッカーが曖昧な西野新監督の追求するスタイルは?

ヴァイッド・ハリルホジッチの解任が正式発表されてから3日後。日本代表を率いてロシアW杯に挑むことになった西野朗新監督の就任記者会見が4月12日に行なわれた。

日本代表監督という大役を引き受けることを決意した西野新監督が、一体どのようなコンセプトの下、どのようなサッカーで本番に挑もうと考えているのか? そこがこの就任会見における最大の注目点だった。

しかし、今回の会見で西野監督が発した言葉からそれを具体的にイメージすることはできなかった。耳障りこそ悪くはないが、そのほとんどが雲をつかむような話に終始した印象は否めず、目指すサッカーも曖昧(あいまい)なままだった。

もちろん、今回の監督就任に至るプロセスが極めて異例だったことも少なからず影響しているだろう。西野監督の言う通り、本当に田嶋会長から打診を受けたのが「先月末」だとしたら、2週間弱の間に考えられることは限られてくる。

それこそ、今回の人事が監督のコンセプトやフィロソフィに賛同した上で白羽の矢を立てるという通常の監督選びのプロセスを経ず、いわゆるサッカーの内容は後付けの“緊急登板”だったことを物語っている。

とりわけ印象的だったのは、前任者のサッカーを継承するのか?という質問に対する次のような回答だった。

「この期間で継承していくスタイルもあるが、やはり選手たちにはもっと自分のプレーを求めたい。代表チームでは、自分のクラブでのプレー以上のものが出るはずで、それが代表チームだと思います。

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュースランキング

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク