サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第49回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、ついに決まったW杯に出場する日本代表メンバー23人と、そのフォーメーションについて。ガーナ戦では0-2と敗戦してしまったが、本番に向けてチームはどこを修正していくべきなのか? スタメンはどうなるのか? 戦術や選手の起用方法などを分析してもらった。

*****

日本代表の最終メンバー23人については、予想通りストレートにきたなという印象だ。ガンバ大阪を指揮していた時もそうだったけれど、西野さんはうまい選手、平均点の高い選手を集めて、うまくプレーさせることに長(た)けている監督だ。

気になるのはこのメンバーでは「スピード」「高さ」で抜きんでたアタッカーがいないこと。その部分で、W杯でインパクトを与えてくれる選手がいない。もちろん日本には2m前後の選手はいないわけだから、高さで勝負するのは難しいと思う。でも、スピードは万国共通だから、やっぱり速さというカードを1枚持っておきたかった。ロンドン五輪の永井謙佑、リオ五輪の浅野拓磨がどれだけ相手に脅威を与えて崩したか。その役割ができそうなのは武藤嘉紀だよね。ただ、武藤のスピードは浅野ほどじゃない。この速さはずるいなという選手がひとりほしかったかな。