大会前はグループリーグ突破が絶望視されていた日本が、グループ最強と目されていたコロンビアを相手に2-1で勝利を収め、予想外の白星スタートを切ることに成功した。

1998年大会から6大会連続出場中の日本にとって、W杯初戦を白星で飾ったのは2010年大会以来2度目のこと。その8年前の南アフリカ大会のようにベスト16入りの可能性が急浮上したわけだ。

期待薄と見られたW杯開幕前の状況から一転、日本国内がお祭りムード一色に染まるのも当然である。

そのコロンビア戦の勝因は、主にふたつあった。ひとつは、日本が11人vs10人という数的優位な状況でほぼ1試合を戦えたという外的要因。そしてもうひとつは、1-1で迎えた後半に見せた日本のゲーム運びという内的要因だ。

まず外的要因にあたる“神風”が吹いたのは、試合開始早々3分のことだった。

相手左サイドバックのアーリークロスを昌子源がヘディングでクリアすると、香川真司がそのまま前方にキック。しかし、相手CBのダビンソ・サンチェスがそのハイボールの処理を誤り、抜け出した大迫勇也がGKと1対1の場面を迎える。

幸運に恵まれたのは、その後だ。絶好のチャンスを迎えた大迫が放ったシュートはGKダビド・オスピナにセーブされるも、そのこぼれ球に詰めていた香川の左足シュートはカバーに入ったMFカルロス・サンチェスの腕に当たってハンドの判定。

すると、スロベニア人のダミル・スコミナ主審は迷わずPKスポットを指差し、さらにカルロス・サンチェスが決定機阻止のハンドを犯したとしてレッドカードを突きつけた。