ベテラン記者が指摘する「勝ったベルギーにあって、敗れた日本になかったもの」

ベテラン記者が指摘する「勝ったベルギーにあって、敗れた日本になかったもの」
ベルギー戦後、選手を労う西野朗監督

ベルギー戦後、選手を労う西野朗監督
いつも冷静に、客観的かつ多角的にゲームを見ようと心掛けてはいるが、正直に告白すれば、さすがにこの時ばかりは溢れ出す感情を抑えきれなかった。
 
日本は2点のリードを追いつかれていたものの、時間は後半93分を過ぎていた。アディショナルタイムは4分だったので、このワンプレー、もしくはもうワンプレーで延長戦。しかも場面は、日本のコーナーキックのチャンスだ。

ゲームの流れからすると、場合によってはここで決勝点が決まる可能性もある。ゴール前にポジションをとっていた吉田麻也と昌子源の2人の姿を見た時、そんな淡い期待もした。

しかし、現実は違った。本田圭佑が蹴ったコーナーキックのボールをベルギーのGKティボ・クルトワがしっかりキャッチすると、その約9秒後、想像もしていなかった"灰色の世界"が待っていたのだ。

視界の中に、歓喜する"赤い悪魔"のイレブンが入ってきた時、思わず記者席のデスクを強く叩いてしまった。1997年、ジョホールバルの地で日本が初めてW杯の扉を開いた時でさえ、感情が湧き出たのは取材ノートにメモを書き終えてからだったのに......。

ただ、憤りと絶望感は一瞬にして消え去り、1分もしないうちに心地よい興奮状態にある自分がいた。そんなジェットコースターに乗ったような気分になれたのは、日本代表の取材をするなかで、初めての経験のような気もする。

ロシアW杯決勝トーナメント1回戦。ベルギー対日本が繰り広げた激闘は、おそらく日本サッカー史の中でも屈指の名勝負として語り継がれるだろう。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2018年7月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら