自民党総裁選は「安倍一択」しかないのか? 「一強多弱」を生むニッポンの小選挙区制の大問題

自民党総裁選は「安倍一択」しかないのか? 「一強多弱」を生むニッポンの小選挙区制の大問題

国会は一強多弱で政権交代の気配すらなく、間近に迫った自民党総裁選も盛り上がらず......。この絶望的な「選択肢のなさ」の原因を追求する本シリーズ。

第1回の「安倍首相に一騎打ちを挑む、石破 茂議員と元・経産官僚の古賀茂明氏が激論」に続き、第2回は「小選挙区制度」に焦点を当てる。「小選挙区制度」が「安倍一択」を固定化する"魔物"だった!

■一強体制の弊害は自民党内にも

「深くおわび申し上げる」

8月28日午前、官邸での定例会見で、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は深々と頭を下げた。その理由は、中央省庁による障害者雇用の水増し問題の発覚。水増し数は27の機関で計3460人にもなるという。

ところが、菅長官は神妙に陳謝する一方で、サラリとこう言った。

「(弁護士など第三者が加わる)検証チームでしっかり検証し、チェック機能の強化など、再発防止策をとりまとめたい」

この発言に政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が噛みつく。

「これこそが安倍一強の弊害を象徴するシーンです。障害者雇用の水増しは、行政機関による悪質な犯罪行為。本来なら政府任せにせず、行政のチェック役である国会がすぐにでも決議して閉会中審査を行ない、真相究明に乗り出すべきです。

ところが、肝心の自民党にその気がない。なぜかというと、もし閉会中審査をやれば、行政のトップである安倍首相の責任を追及することになるからです。"一強"の前に国会がすくみ、民主主義の根幹である三権分立が崩れてしまっているんです」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 安倍晋三
  2. 自民党 小池百合子
  3. 自民党 憲法改正
週プレNewsの記事をもっと見る 2018年9月18日の政治記事
「自民党総裁選は「安倍一択」しかないのか? 「一強多弱」を生むニッポンの小選挙区制の大問題」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    どうにかして論争を避ける、という意図がありあり。時に石破の話した事を小馬鹿にするような態度をとったり、自分の言ってる事が正しいと言いたげな雰囲気がありあり。本当に情けない。

    6
  • 匿名さん 通報

    嘘つきは泥棒の始まり! 盗人猛々しい! こんな人にはなりたくない! 安倍さん、教えて頂き感謝します。目は口ほどに物を言う。貴方には相応しい、言葉ですね。(笑)

    5
  • 匿名さん 通報

    アベガーさんは叩きたい一心で石破さんヨイショしてるけど、どれだけ知っているんだか

    4
  • 匿名さん 通報

    公開討論やればやるほど石破君のダメさがわかっちゃうじゃん。

    3
  • 匿名さん 通報

    目がスイミングスクール

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「民主党」のニュース

次に読みたい関連記事「民主党」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。