市川紗椰が消えゆく名店「神田鐵道倶楽部」と「ジャニス本店」を惜しむ

市川紗椰が消えゆく名店「神田鐵道倶楽部」と「ジャニス本店」を惜しむ

もう「神田鐵道倶楽部」に行けないのは寂しいです

『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。今回は、彼女が愛するふたつのマニアックなお店の相次ぐ閉店を惜しむ。

* * *

今回はちょっと悲しいお知らせです......。東京・神田にある鉄道レストラン「神田鐵道倶楽部(てつどうくらぶ)」と神保町にあるレンタルCDショップ「ジャニス本店」が、相次いで閉店されるんです。

神田鐵道倶楽部は昨年6月にできたばかりのお店で、実は以前も"最新鉄道スポット"として紹介しました。「ベロネーズ」など今はなき食堂車の料理を提供してくれた上に、本物のサボ(電車の行先標)や国鉄型車両の座席などでぎっしりの店内は、鉄道ファンにとってテンションの上がる空間でした。

今回、9月1日に閉店を発表して9月末に営業終了したので、ずいぶん急な印象を受けました。神田駅の工事に伴う閉店だそうですが......今のタイミングで工事というと、中央線のグリーン車導入に伴う改修でしょうか。

以前、このお店でサボのオークションをやっていて、「品川←→国府津」みたいなちょっとマニアックな商品が気になっていたんですが、あのとき買っておけばよかったと少し後悔しています。

一方のジャニスは、1981年に開業された音楽好きにとっての聖地です。品ぞろえが異常にマニアックで、ここ自体が立派な資料館ともいえる場所で、いつかなくなるというイメージがなかったんですが......。やはりデジタル化によるCD離れの波には勝てなかったんでしょうか。

...続きを読む

あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2018年10月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。