映画『レディ in ホワイト』で女優・吉本実憂が常識はずれの"クズ新入社員"に?「監督に言われた『どうでもよくない?』で力が抜けました」

映画『レディ in ホワイト』で女優・吉本実憂が常識はずれの"クズ新入社員"に?「監督に言われた『どうでもよくない?』で力が抜けました」

吉本実憂主演の映画『レディ in ホワイト』が11月23日(金)より公開される。

これまで、映画『罪の余白』(2015年)では高校の同級生を追い込む残忍な美少女・木場咲役、ドラマ『クズの本懐』(17年)では優等生で可愛らしいイメージとは裏腹な影を持つ高校生・安楽岡花火役など、幾多の強烈なキャラクターを演じてきた吉本実憂だが、今作で演じる如月彩花は"クズ新人"。

就職面接には白スーツで現れた挙句に「私を採用して、損はない」と宣言、入社早々、先輩に「いぇ~い」とハイタッチを求めるなど、いわゆる"常識はずれ"だ。

この作品は、そんな新卒の彩花が、ホワイト企業だと思って入った会社で遭遇した、パワハラ上司からの嫌がらせや、毒を持った社員たちとの戦いに、より強い"猛毒"を持って挑む姿を描いた作品となっている。

あらすじだけ見ると共感できなさそうな彩花だが、吉本さん自身は、そのキャラクターに惹かれたという。撮影エピソードとともに、その真意を聞いた。

――今回演じたキャラは"クズ新人"というのも納得の破天荒ぶりでしたね。

吉本 最初台本を読んだときは、ちょっと変わった人くらいにしか思わなかったんですよ。でも大塚(祐吉)監督だから、思ってるようにはいかないんだろうなと思っていて、そしたら案の定ですよ(笑)。

映画『レディ in ホワイト』で女優・吉本実憂が常識はずれの"クズ新入社員"に?「監督に言われた『どうでもよくない?』で力が抜けました」

吉本実憂が演じるのは、常識はずれのクズ新入社員、如月彩花

――以前、ご出演された『罪の余白』も大塚監督でしたよね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 吉本実憂 Instagram
  2. 吉本実憂 ドラマ
吉本実憂のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る 2018年11月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「吉本実憂 + Instagram」のおすすめ記事

「吉本実憂 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「吉本実憂 + ドラマ」のおすすめ記事

「吉本実憂 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュース

次に読みたい関連記事「中村倫也」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。