コラムニスト・勝谷誠彦氏を襲った"重症アルコール性肝炎"の恐怖

コラムニスト・勝谷誠彦氏を襲った"重症アルコール性肝炎"の恐怖

軽井沢の自宅でくつろぐ、元気な頃の勝谷氏(2016年)

■異様に膨らんだ腹と黄疸が問題だった

11月28日、コラムニストの勝谷誠彦さんが亡くなった。57歳の若さだった。

今年8月、重症アルコール性肝炎で入院。一時は自宅に帰れるまで回復したものの、その後、症状は悪化し、帰らぬ人となった。

メールマガジン『勝谷誠彦の××な日々。』の配信元・世論社の代表で、勝谷氏の友人だった高橋 茂氏が闘病の日々を振り返る。

「2015年から、異変は感じていました。その年の春に彼は鬱(うつ)になったんです。鬱は3ヵ月ほどで回復しましたが、僕と顔を合わせるときは、いつも酒を飲んでいた。昼も夜も関係なく。それに食べ物もほとんど口にしない。『俺は酒でカロリーを取ってるんだ』と言うんです。体の筋肉も落ちていて、以前の精気は感じられませんでした」

2年後の2017年7月、勝谷氏は兵庫県知事選に立候補するが、落選。

「選挙期間中は、さすがに昼から飲むことはありませんでしたが、夕方になると飲み始める。その頃から下っ腹が膨れていたんですよ。僕は『腹水かもしれないから病院に行け』と言ったんですが『病院に行くと酒を止められるからいやだ』と断られました」

今年8月に入ると、認知症のような言動が出始めた。

「いつも飲んでいる店なのに『ここどこだっけ?』と自分のいる場所がわからなくなるんです」

飛行機に乗る時間や明日の予定を伝えてもすぐに忘れてしまうのだ。また、8月10日に配信されたネット番組では、勝谷氏の顔の黄疸(おうだん)や異様に膨れた腹が問題になった。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2018年12月11日のライフスタイル記事
「コラムニスト・勝谷誠彦氏を襲った"重症アルコール性肝炎"の恐怖」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    好きなお酒を我慢して亡くなるよりは飲んで亡くなったんだから良かったんじゃないのかな。

    3
  • 匿名さん 通報

    アルコール依存症など、「否認の病」とされる精神疾患は、本人同意がネックになって治療すら始められない。家裁の許可で治療できるような仕組みにならんかね…

    2
  • 匿名さん 通報

    自殺やん

    1
  • 匿名さん 通報

    後々は依存性の所為であったと思うが、事の始まりは一線から落魄れた遣る瀬無さと怨み節だろ。退院したその日から酒を浴びるようでは、もはや現世に未練は無いのだろうよ。これは自業自得。

    1
  • 匿名さん 通報

    本人が飲みたがっているんじゃないんだと思う。ニコチンや麻薬と同じで体内のアルコールが仲間を呼ぶんだ。それを止めるのは強い意志が必要。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら