被害者は女性だけじゃない。男も『フェイクポルノ(AIアイコラ...の画像はこちら >>

一般男性にも詐欺・恐喝の魔の手が忍び寄っていた!

今年、AI技術を駆使したアイコラ動画「フェイクポルノ」がアメリカで大流行。有名女優とAVをかけ合わせた動画が出回る一方、リベンジポルノ目的で一般女性が被害に遭うケースが相次いでいる。

だが、しかし、フェイクポルノの被害者は女性だけにあらず。ごくごく普通の一般男性にも、魔の手が忍び寄っていた!

* * *

■"AIアイコラ動画"フェイクポルノの衝撃

「一億総AV出演時代」が到来するかもしれない――。

そんなことを感じさせる衝撃の体験談が、本誌取材班の元に届いた。

「Facebookで、オーストラリア・シドニー在住の香港出身の女性から、『友達にあなたの卑猥(ひわい)な動画を送信されたくなければ10万円支払え』という脅迫文と共に、僕が自慰行為をしている動画が送られてきたんです......。でも、僕はAVに出演したことはないし、もちろん自慰動画を撮影したこともない。その香港人女性と過去に交際していたわけでもないし、そもそも面識すらありません。つまり、送られてきた動画はニセモノだったんです」(30代男性・A氏)

今年4月、バラク・オバマ前アメリカ大統領が、「トランプ大統領は救いようのないマヌケだ」と発言する動画がYouTube上で公開され、大きな話題になった。

「あのオバマがそんなことを......」と思った方もいるかもしれないが、この話には続きがある。実はこれ、AI(人工知能)に顔写真を大量に読み込ませて学習(ディープラーニング)させることで、元の動画の顔の部分だけを作り替える「ディープフェイク」と呼ばれる技術が使われた動画であり、つまるところニセモノだったのだ。


この記事の画像

「被害者は女性だけじゃない。男も『フェイクポルノ(AIアイコラ動画)』でゆすられる!」の画像1 「被害者は女性だけじゃない。男も『フェイクポルノ(AIアイコラ動画)』でゆすられる!」の画像2