【一発屋芸人"復活メソッド"】山田ルイ53世(髭男爵)「一発屋の芸はレトルト食品級の発明。誰でも本格的な"味"を再現できちゃう」

【一発屋芸人"復活メソッド"】山田ルイ53世(髭男爵)「一発屋の芸はレトルト食品級の発明。誰でも本格的な"味"を再現できちゃう」

シルクハットをかぶった近世ヨーロッパ貴族風(山田)と、その召し使い風(相方・ひぐち君)のいでたちで行なう貴族漫才を確立した髭男爵。「ルネッサ~ンス!」というフレーズとともに、2008年頃からブームを巻き起こす

毎年、彗星(すいせい)のごとく現れる一発屋芸人。流行語大賞にノミネートされたりコスプレ衣装が爆売れしたり、一世風靡(ふうび)したかと思えば、これまた彗星のごとく消えていくべき存在なのか......?

否! 今、世間から「一発屋」の箱に入れられた男たちが、ブレイク当時とはまた違うベクトルで光明を見いだし、平成の次の時代での再ブレイクを虎視眈々(こしたんたん)と狙っているのだ! 新時代を迎える2019年に再ブレイクの兆しがビンビンする男たちに迫った!

■プロも認めた引き込ませる文章

トップバッターは、昨年5月にノンフィクション作品『一発屋芸人列伝』を上梓(じょうし)し、「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞という、芸人初の快挙を成し遂げた、髭男爵の山田ルイ53世さんです。

──失礼ながら世間では、そんな文才があったのか!?と驚いている人も多いように思いますが、文筆業を始めたきっかけは?

山田 僕、中2からの6年間、引きこもっていたんですよ。で、そのときのことを書いてみませんかというご提案を受けて、『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)という本を2015年に出したのが最初ですね。

その後に『一発屋芸人列伝』の話をいただいたんですけど、生意気にも初めは乗り気じゃなかったんですよ。だって一発屋が一発屋をインタビューするって、傷をペロペロ舐(な)め合う感じにならへんかなって懸念してたので。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年2月7日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。