「『アクタージュ act-age』が、人生で2回目に描いたマンガなんです」漫画家・宇佐崎しろ×原作・マツキタツヤ×担当編集の「裏話座談会」!

「『アクタージュ act-age』が、人生で2回目に描いたマンガなんです」漫画家・宇佐崎しろ×原作・マツキタツヤ×担当編集の「裏話座談会」!

2月4日発売の『週刊プレイボーイ』7号で初グラビアが掲載された主人公の夜凪景。『アクタージュ act-age』は駆け出しの役者である彼女の成長を描いた異色のジャンプマンガ。ⒸTatsuya Matsuki・Shiro Usazaki/SHUEISHA 写真/本田雄士
『週刊少年ジャンプ』で連載1周年を迎え、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」で第3位に食い込んだマンガ『アクタージュ act-age』。

それを記念して、原作担当のマツキタツヤ氏、漫画担当の宇佐崎(うさざき)しろ氏、そして担当編集の村越周氏による裏話座談会が実現。その模様を大公開!

■連載決定まで、死ぬほどボツを出されました

村越 マツキ君が初めて『週刊少年ジャンプ』の漫画賞である「第2回ストキンpro」に応募してくれた『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』という読み切りがあるんですけど、これがもうぶっちぎりで良かったんですよ。

マツキ 初めて褒められたな(笑)。それは原作の賞で、鉛筆とノートだけでネームを描きましたという、落書きみたいなものだったんです。村越さんから「絵をつけてやろう」という話をいただいて、宇佐崎さんが思い浮かんだ。

宇佐崎 もともとTwitterでフォローし合っていたんです。マツキさんが上げていた作品を見て、リプライを送って。

マツキ 生まれて初めてマンガを描こうと思い至り、まずそれをウェブに上げてみようと考え開設したアカウントでした。友達にも誰にも言わないで始めてフォロワーもほとんど0人の怪しいアカウント。なのに目をつけてくれたのがうれしかった。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年2月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。