「そうりゅう」型潜水艦 オーストラリア輸出で約4兆円のビジネス?

記事まとめ

  • 2016年に行われた潜水艦輸入コンペで、フランスが勝ち取った受注の交渉が難航しているという。
  • 日本の潜水艦「そうりゅう」型の受注があれば、約4兆円のビッグビジネスになる。
  • コンペから約3年が経過したこともあり、来年竣工予定の同型艦は原子力潜水艦に近い性能を有している。

オーストラリアで"再浮上"? 海上自衛隊・最新潜水艦のスゴい実力とは

オーストラリアで"再浮上"? 海上自衛隊・最新潜水艦のスゴい実力とは

「そうりゅう」型潜水艦がもしオーストラリアに輸出されることになれば、総額4兆円以上のビッグプロジェクトになる

日本の潜水艦が"逆転受注"か!? オーストラリアでそんな報道が出始め、一部で話題になっている。

少し説明が必要だろう。中国の海洋進出を警戒する豪海軍は、最新鋭の次期潜水艦を外国から輸入することになり、2016年にコンペが行なわれた。そこに参戦していた日本(「そうりゅう」型潜水艦)やドイツと競り合った末、受注を勝ち取ったのはフランス。12隻の建造費用約4兆円というビッグビジネスだ。

ところが、ここにきて豪仏の交渉が難航している。仏建造メーカーと豪政府の間で結ばれる、情報開示や現地雇用に関する契約で折り合いがついていないというのだ。

それだけでなく、肝心の潜水艦そのものに関しても懸念があるという。軍事アナリストの毒島刀也(ぶすじま・とうや)氏が解説する。

「フランスの提案は、2016年に就役する予定だった新型原子力潜水艦を通常動力型に改造するという内容でした。ところが、元になる原潜の就役が大幅に遅れており、通常動力型艦の設計・建造にいつ入れるのか、メドすら立っていません。

また、豪海軍はアメリカ製水中聴音システムを採用していますが、これが仏製潜水艦とうまくマッチングできるかどうかも疑問。仏製機器は優れているものの独自性が強すぎ、調整に大きく時間を取られる可能性があるのです」

オーストラリアで"再浮上"? 海上自衛隊・最新潜水艦のスゴい実力とは

2016年4月、ターンブル豪首相(右、当時)はフランスに豪海軍次期潜水艦を発注すると発表。しかし完成は大幅に遅れている


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年2月12日のライフスタイル記事
「オーストラリアで"再浮上"? 海上自衛隊・最新潜水艦のスゴい実力とは」の みんなの反応 22
  • 匿名さん 通報

    我が国は武器の輸出は致しません。

    13
  • 匿名さん 通報

    攻撃用の武器がどんなに優れていても、シナチョンは頭にミサイルを一発食らったら終わりなんだよ。それがわからない究極の阿呆がパヨク。 笑

    4
  • 匿名さん 通報

    こんな場末にコメントしても仕方がないが、逆にこんなところにまで中韓工作員が書き込みに来てるのをみると、ほんと笑ってしまうわ。

    4
  • 匿名さん 通報

    13:56 は自分と反対の意見を持つ人間はみんなウヨクに見える頭のビョーキ。医者に行け。笑

    2
  • 匿名さん 通報

    こんな場末のコメントにまで脊椎反射しているパヨの滑稽さは嘲笑える。アベガーの不都合が日本国民に知られるとよっぽど困るらしい。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。