「HKT48といったら田中美久って言ってもらえるぐらい頑張りたい」HKT48を背負う田中美久を直撃!

「HKT48といったら田中美久って言ってもらえるぐらい頑張りたい」HKT48を背負う田中美久を直撃!
指原莉乃が卒業し、宮脇咲良、矢吹奈子が活動中止中の今、HKT48を背負う田中美久
       

「HKT48といったら田中美久って言ってもらえるぐらい頑...の画像はこちら >>

毎年恒例、週プレNEWSが選ぶ、「今年"大注目する期待のアイドル"連続インタビュー」。2019年もやりますよ! 第1回目に登場するのは、HKT48の未来のエース・田中美久(たなか・みく)ちゃん!

指原莉乃さんの卒業。そしてIZ*ONE(アイズワン)として活動するため、宮脇咲良さん、矢吹奈子さんが約2年間の活動休止という大きな変革期を迎えたHKT48を背負う彼女!

インタビュー前編記事に引き続き、アイドル・田中美久の今の心境に迫る!

* * *

――そんなふうにギスギスした理由ってなんだったんですかね?

田中 その当時は、お互いライバル意識が芽生えていて。でも「なこみく」だから、お互いがライバルって言いたくない、みたいな。でもやっぱり、自分の気持ちの問題が大きいですね。今振り返ると、そこまで大きな差はなかったのかもしれないですけど......当時は、やっぱり奈子ちゃんがうらやましかったです。

『ウインクは3回』(矢吹奈子センター曲)もそうだし、ソロ曲もあったし、奈子ちゃん、テレビにもたくさん出てるし。「なこみくで出れるのはありがたいしうれしいけど、比べられちゃうのは本当に悲しいな」って、ネガティブに考えてしまって。

――その気持ちは、その後、どうなっていったんですか?

田中 『しぇからしか!』(HKT48・6枚目のシングル。氣志團とのコラボレーション曲)ぐらいから、ふたりともポジションが端っこになっていったんです。で、奈子ちゃんと「このままじゃヤバいね」って話をして。HKT48としての自分たちについて話すようになったのがキッカケで距離が縮まってきました。今はすごく仲良いです。


当時の記事を読む

田中美久のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田中美久」に関する記事

「田中美久」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田中美久」の記事

次に読みたい「田中美久」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月13日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。