『non-no』専属のカリスマモデル・江野沢愛美「『Twitterの神』と呼ばれるのはちょっぴり恥ずかしいです(笑)」

『non-no』専属のカリスマモデル・江野沢愛美「『Twitterの神』と呼ばれるのはちょっぴり恥ずかしいです(笑)」
『non-no』専属モデルとして若い女性から支持を受けている江野沢愛美

『non-no』専属のカリスマモデル・江野沢愛美「『Tw...の画像はこちら >>

「Twitterの神」と呼ばれ、若い女性に圧倒的な発信力を持つカリスマモデル、江野沢愛美(えのさわ・まなみ)が『週刊プレイボーイ12号』(3月11日発売)のセンターグラビアに登場。「男子も女子も、きっとみんな恋しちゃう」のキャッチとともに、ナチュラルセクシーな姿を見せてくれた。

現在は『non-no』専属モデルとして活躍中の彼女。今回のグラビアの感想から、SNSの対応術までいろいろ聞いた。

――約1年ぶりの週プレ登場です。今回は海ではしゃいだりとか、そういうのとは違い、かなり落ち着いた雰囲気のグラビアですね。

江野沢 マンションの一室を使ったプライベート・スタジオで、じっくり撮影していただきました。まるで自分の部屋にいるようでくつろいいじゃいましたね。あと衣装がとても可愛かったので、撮影しながらテンションもあがりました。

『non-no』専属のカリスマモデル・江野沢愛美「『Twitterの神』と呼ばれるのはちょっぴり恥ずかしいです(笑)」

撮影/桑島智輝

――なるほど。衣装次第で、撮影の気分は変わります?

江野沢 ものすごく変わります。やっぱり洋服が好きなんで。そういえば今回、花や果物を小道具で使ったんですけど、それも素敵でやっぱり撮るのが楽しかったですね。

――好きなカットは?

江野沢 どれも好きだけど、顔のアップのカットは特に気に入ってます。普段、モデルの仕事で顔のアップはないので(笑)。それに今回、メイクも好きな感じでしたし。

『non-no』専属のカリスマモデル・江野沢愛美「『Twitterの神』と呼ばれるのはちょっぴり恥ずかしいです(笑)」

――グラビアは肌を露出するでしょ。恥ずかしさなんてあります?

江野沢 まったくないですね。恥ずかしいどころか楽しいです。ポーズとか戸惑う時はあるけど、グラビアは出るのも見るのも好き。週プレさんも普段から電子版でよく見ますよ。


当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月12日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。