日本で唯一、酒造りの全工程を生徒が実践する山口県立田布施農工高校「この農業高校がスゴイ!」【前編】

日本で唯一、酒造りの全工程を生徒が実践する山口県立田布施農工高校「この農業高校がスゴイ!」【前編】

山口県立田布施農工高校酒造蔵部の生徒たち。酒造りに必要なものは高校の部室にすべてそろっている!

高齢化で人手不足が叫ばれ、アメリカやヨーロッパとの自由貿易も推し進められ、日本の農業を取り巻く環境は苦しさを増す一方に見える。

しかしそんななか、農業高校が熱い! 地域の特色を生かしグローバル化を見据える彼らに、日本の農業の明るい未来を見た。シリーズ「日本の農業はオレたちが元気にする!!」第1回。

■酒は飲んだことがないのに即戦力

山口県立田布施(たぶせ)農工高校は、高校生にとって"禁断"の実習を行なっている。同校は日本で唯一、酒造りの全工程を生徒が実践しているのだ。

酒造りは農業なのか?と思うかもしれないが、そもそも酒造りは米抜きには考えられないし(酒米は食用米よりも栽培が難しい)、農家と蔵人(くらびと/酒蔵で働く人の総称)を兼業している人も多い。そういう意味で酒造りは、農業そのものなのである。

経営者である蔵元の下で酒造りの工程すべてを行なう責任者を杜氏(とうじ)と呼ぶが、実は同校のある田布施町はかつて杜氏を輩出する地として全国に名を知られた。

田布施町や光市など旧熊毛(くまげ)郡出身の杜氏は「熊毛杜氏」と呼ばれ、最盛期には全国の蔵元で800人以上が活躍していた。

「1957年に熊毛杜氏を養成しようと、この学校に醸造科ができたんです」

そう説明してくれたのは、同校で酒造りを行なう部活動、「酒造蔵部(くらぶ)」顧問の魚住知一(うおずみ・ともかず)先生だ。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年4月13日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。