どこまでも潔癖ではいられない。ぎちぎちに正しさを求めても、どこかで破綻する。だったら、「どこまで汚れられるか」を議論したほうがいい。そう強く思う今日この頃です。

●モーリー・ロバートソン(Morley Robertson)
国際ジャーナリスト。1963年生まれ、米ニューヨーク出身。日テレ系情報番組『スッキリ』の木曜コメンテーター。ほかに『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送)、『報道ランナー』(関西テレビ)などレギュラー多数。本連載を大幅に加筆・再構成した書籍『挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け』(集英社)が好評発売中!

この記事の画像

「"正義"なるものに憑依している人たちへ。何が正しいかよりも「どこまで汚れられるか」を議論したほうがいい」の画像1 「"正義"なるものに憑依している人たちへ。何が正しいかよりも「どこまで汚れられるか」を議論したほうがいい」の画像2