国産海苔"46年ぶりの大凶作"でコンビニおにぎりは大丈夫か?

国産海苔"46年ぶりの大凶作"でコンビニおにぎりは大丈夫か?

3大チェーンの主力商品である手巻きおにぎりはいずれも国産の有明産を使用

国産海苔(のり)が史上まれに見る凶作らしい。そこで気になるのは、大口の仕入れ先であるコンビニ3大チェーンのおにぎりへの影響だ。

この状況が続けば"ニッポンの国民食"の値上げは不可避? 海苔生産者および各コンビニに事情を聞いた。

* * *

■なぜ歴史的な凶作になったのか

今年度(2018年11月~19年4月)の全国の海苔生産量が、46年ぶりの大凶作となる見込みだ。

業界紙「食品新聞」によれば、3月末時点での全国の海苔の共販枚数(市場に出回る枚数)は前年比15%減で、平均単価は約6.8%高。4月末までの枚数を見込んでも最終的に62億から63億枚程度にとどまると予想されており、約61億枚だった1972年度以来の低水準が確実視されている。不足分を補うため、国内海苔企業は韓国産や中国産の海苔での補填(ほてん)も視野に入れているという。

同紙は今年度の大凶作の原因を「暖冬による高水温や栄養塩不足」、さらに「東北の有力産地である宮城県でのタンカーのオイル漏れ事故」に求めているが、オイル漏れ事故の影響は理解できるとして、高水温と栄養塩不足がなぜ海苔の凶作を招くのか?

海苔の生産者組合である「全国海苔貝類漁業協同組合連合会」(全海苔漁連)の関係者が解説してくれた。

「秋から冬にかけて適度に冷え込み、海水温が下がることで、海苔は品質が良くなり、収穫量も上がります。しかし昨秋から今年にかけて気温が平年より高めだったため、海苔の養殖に適した海水温まで下がりきらなかったのです」


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「国産海苔"46年ぶりの大凶作"でコンビニおにぎりは大丈夫か?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    こういう記事を読むと日本人は贅沢だなと思う。パリっと?有明産?ササニシキ?味の違いなんか判らないでしょ。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。