自民党大阪府連会長、いきなり「都構想容認」発言で内紛勃発!

自民党大阪府連会長、いきなり「都構想容認」発言で内紛勃発!

「渡嘉敷会長は国政選挙を意識しているのでは」という自民党大阪府連の太田晶也広報委員長

4月の統一地方選挙で大阪維新の会が圧勝したことを受け、大阪都構想への対応をめぐって自民党大阪府連が内紛含みの大モメだ。

内紛のタネを作ったのは、府連会長に就任したばかりの渡嘉敷奈緒美衆院議員。5月11日の記者会見で突如、これまで党一丸となって反対してきた都構想の住民投票を容認するとぶち上げたのだ。

これに対し、自民大阪市議団は「ありえへん」「支援者への裏切りや!」と猛反発。府連広報委員長の太田晶也市議はこう語る。

「問題の記者会見の直前には、統一地方選後初の全体会議があったんですが、そこでは渡嘉敷会長は『住民投票を認める』なんてひと言も口にしていませんでした。

しかし、後でわかったことですが、その全体会議の前に行なわれた府連会長を決める総務会で、渡嘉敷さんは住民投票どころか『都構想そのものにも賛成したい』と発言し、出席議員から厳しくたしなめられたそうです」

それにもかかわらず、会見でいきなり例の発言が飛び出した。太田市議がこの発言を知ったのは、全体会議終了後に顔見知りの同僚議員らと喫茶店でホッと一息ついていたときだったという。

「スマホを見ていたひとりが、ニュース速報に気づいたんです。『何をトチ狂っとるんや!』と、みんな怒り心頭でしたね。身内どころか、維新の議員からも『おまえのところ、大丈夫か?』とメールが来るほどでした(苦笑)」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 安倍晋三
  2. 自民党 小池百合子
  3. 自民党 憲法改正
週プレNewsの記事をもっと見る 2019年5月20日の政治記事
「自民党大阪府連会長、いきなり「都構想容認」発言で内紛勃発!」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    大阪府民が望んでいるわけでもないでしょ やりたいのは 都構想を理由に増税できるから ですね 

    2
  • 匿名さん 通報

    流石に二度目の住民投票はいかがなものかと思うけど、選挙に負けてるのだからどの道、住民投票はするだろう。別に受けて立って、住民投票で勝てばいいだけの話。

    1
  • 匿名さん 通報

    大阪の自民党よ、筋を通す共産党をすこしは見習えや。選挙で負けたのも共産党とは違うなんて馬鹿なことを言ったために迫力がなかったのだ。

    1
  • 匿名さん 通報

    9:56.受けて立って住民投票に勝ったらどうなるんだよ。こっちはやるけど沖縄はやらないのか?沖縄は住民投票も選挙も負けてるぞ。

    0
  • 匿名さん 通報

    維新が市議会過半数取れなかったのも民意。議会構成自体が民意です。 首長選結果で議会が従わねばならないのであれば議会は要らない。 渡嘉敷は二元代表制を理解していないのか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事

「自民党 + 安倍晋三」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「与党」のニュース

次に読みたい関連記事「与党」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。