池袋に舞い降りた"くすんだ女神"? 自主映画界に眠る原石、女優・根矢涼香とは

池袋に舞い降りた"くすんだ女神"? 自主映画界に眠る原石、女優・根矢涼香とは

毎年、何百と生まれるインディーズ映画。昨年は『カメラを止めるな!』が大ヒットし、ヒロインの秋山ゆずきら出演者たちは、今も注目の的だ。6月10日(月)発売の『週刊プレイボーイ25号』では、そんな自主映画界に眠る原石を探すべく、『カメ止め』を発掘した池袋シネマ・ロサがオススメする"次にくる"新鋭女優10人を紹介している。

さらに、池袋シネマ・ロサによる、若手俳優にスポットを当てた上映企画『the face』で話題となった女優・根矢涼香(ねや・りょうか)にもインタビュー! PARCOプロデュース、本広克行演出の舞台『転校生』への出演も決まった彼女に、『the face』選出に至るまでの女優人生やインディーズ映画について聞いた。

――演技を始めたきっかけは?

根矢 小学6年生でミュージカルを見たときに初めて自分から「演技をやりたい!」と親に訴えました。

高校までは地元の劇団で、進学を機に東京でも2年ほど舞台に出ていたんですけど、踊りがへたなのと、どうしても嘘っぽくなってしまう自分に気がついて......。できないことよりできることを探そうと自主映画に出るようになりました。

――インディーズ映画出演は役者としての方向転換だったと。

根矢 いわゆる"女優さん"イメージから脱したくて金髪にしていたんですけど、そしたら内田英治監督から「顔がやさぐれてるのでオファーします」って来たんです。それからは背伸びせず開き直って、無気力、やさぐれ、不器用を自分の柱にしてしまおうと(笑)。内田監督には自分を曲げない勇気をもらいました。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年6月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。