暫定日本チャンピオンに聞いた、これが公式ルール完全対応「UNO必勝法」だ!

暫定日本チャンピオンに聞いた、これが公式ルール完全対応「UNO必勝法」だ!

「ドロー系カードは重ねられない!」「記号カードでのあがりはOK!」突然の発表で大混乱!

今まで従っていたのはローカルルールだった? 突然発表されたUNOの公式ルールとはどんなものか? そして、暫定日本チャンピオンに必勝法を聞いた!

■UNOは得点を競うゲームだった!

「オフィシャルルールは、ドロー系カード(ドロー2、ワイルド ドロー4)を重ねることが出来ないんです。知ってました!?」

「オフィシャルルールは、記号カード(ドロー系、スキップ、リバース、ワイルド系)でもあがることが出来るんです。知ってました!?」

UNO(ウノ)の公式ツイッターアカウントが、5月7日、8日と続けて公式ルールを発表し、UNOプレイヤーたちに混乱が起きた。

というのも、これまで多くの人たちは、「ドロー系カードは重ねられる」ことや「記号カードではあがれない」ことが、公式ルールだと思っていたからだ。

例えば元NGT48の北原里英が「わたしは誰になんと言われようと、公式が発表しようと、ドロ2とドロ4は重ねて出す。これからも」とツイッターで宣言するほど、その衝撃は大きかった。

暫定日本チャンピオンに聞いた、これが公式ルール完全対応「UNO必勝法」だ!

【間違えやすい公式ルール】 ドロー系カードは重ねておける× ⇒ おけない○
暫定日本チャンピオンに聞いた、これが公式ルール完全対応「UNO必勝法」だ!

記号カードではあがれない× ⇒ あがれる○

では、なぜこのタイミングでの発表だったのか? UNOを販売する「マテル・インターナショナル」に聞いてみると、

「今回、ルール変更されたわけではなく、ローカルルールが多数存在するなかで、このオリジナルルールをご存じでした?という形での投稿でした。タイミングを狙っての正式表明といった堅いものではなく、通常のSNS投稿と同様に発信したところ大きな反響があり驚いております」


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年6月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。