世界を変えることより「ピュアな自分たち」を守ることを優先する「オトナ」になれない野党

世界を変えることより「ピュアな自分たち」を守ることを優先する「オトナ」になれない野党

「リベラルが本気で勝ちにいくのなら、選挙の争点は憲法でも原発でもパリテでもなく、ゼニカネ(銭金)の話に絞るべきです」と語る岡田憲治氏

特定秘密保護法、安保法制に共謀罪法の成立。集団的自衛権に関する解釈改憲。森友・加計(かけ)学園問題と公文書偽造問題。などなど第2次安倍政権が発足して以来、その政策はさまざまな議論を呼び、また重大な疑惑も指摘されながら、国政選挙では大敗し続ける「野党」。

これほどに「リベラル」が有権者の心をつかみ一矢報いることができない理由はどこにあるのか? 新著『なぜリベラルは敗け続けるのか』(集英社インターナショナル)で、自戒と怒りを込めて直言する政治学者の岡田憲治氏に話を聞いた。

* * *

──本書の帯に「私は本書執筆で『友』を喪(うしな)う覚悟を決めた」とあります。岡田さんがこの本で「喪う」かもしれない「友」とはどんな人たちですか?

岡田 例えば、「脱原発は今すぐやるべきだ。だから全原発即時停止すべし!」とか「憲法9条はユネスコの世界遺産にすべきで指一本触れるのも許さない!」とか「安倍晋三は悪魔だ」と民主主義の危機を訴え、時々国会前のデモにも行ったりする人たちです。

あるいは、そうした内容のフェイスブック投稿にひたすら「いいね」を押しまくり「シェアさせてください」と反応するだけで、なんとなく満足してしまうような「自称リベラル」の「友人」たちですね。

僕が彼らをあえて「友」と呼ぶのは、僕自身も彼らの主張はおおよそ理解できるし、彼らが基本的に「まじめな人たち」だということもよくわかっているからです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年6月18日の政治記事
「世界を変えることより「ピュアな自分たち」を守ることを優先する「オトナ」になれない野党」の みんなの反応 8
  • 自公には絶対に票を入れない国民運動の会 通報

    自公が公約を守ったためしはない

    3
  • 匿名さん 通報

    鳩山→管→野田・・このデタラメ政治を全く反省もしていないのに、理想看板を掲げても、誰が許すものか、恥を知れ!!

    2
  • 匿名さん 通報

    政治家や総理大臣は人柄で決めていいものではない

    2
  • 匿名さん 通報

    いま現在が衆愚政治

    2
  • 匿名さん 通報

    他に相応しい人がいないからとノミの晋三外道政治を許していい理由にはならない

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら