G20大阪サミットの最新トイレ事情 世界から来る人たちにきれいなトイレを!

記事まとめ

  • G20大阪サミットの会場となるインテックス大阪の周辺はすでに警備が始まっている。
  • テロ対策と並んでトイレ対策もされ、和式トイレから洋式トイレに一部変更されている。
  • 便器だけでなく洗面設備、床、壁、天井なども全面的に改修し、総費用は1億2700万円という。

ニッポンのおもてなし! G20大阪サミットの「最新トイレ事情」

ニッポンのおもてなし! G20大阪サミットの「最新トイレ事情」

インテックス大阪周辺は早くも厳重な警備態勢。記者自身も中のトイレを実際に使用してみたかったのだが、すでに会場内立ち入り禁止だった

6月28、29日に開催されるG20大阪サミット。会場となるインテックス大阪(大阪市住之江区)の周辺はすでに警備が始まっているが、テロ対策と並んで今回、ひそかに注目されているのが"トイレ対策"だ。

インテックス大阪の設備を管轄する大阪市経済戦略局の担当者はこう語る。

「G20の会場に決まった時点では、38基の和式トイレが残っていました。今回、そのうち半分の19基を洋式に変更し、さらに女性用トイレ16基と多目的トイレ1室で構成される『トイレ棟』を新設。便器だけでなく洗面設備、床、壁、天井なども全面的に改修し、その総費用は1億2700万円です。また実は、洋式トイレが35基増えたうちの16基は、TOTOさんとLIXILさんから8基ずつ寄付していただいたものです」

トランプ米大統領も「グッジョブ!」と言うはずだ。G20関西推進協力協議会が、その経緯を説明する。

「当時、吉村洋文大阪市長(現大阪府知事)から『世界から来る人たちにきれいなトイレを提供しよう』との話がありました。職員らで話し合い、業界団体を通じて寄付を募ったところ、2社が手を挙げてくれたわけです」

プーチン露大統領の「スパシーバ!」の声が聞こえてくるようだ。両社に、寄付した最新機種の特長を聞いてみた。

「『パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式』という公共施設向けの機種です。従来は一度流すと次に流せるまで60秒かかっていたところ、この機種はたった20秒で次の洗浄が可能で、女子トイレの行列解消にも役立ちます。また、取りつけられているウォシュレットには水を電気分解して作られる『きれい除菌水』でノズルの内側と外側を自動洗浄する機能があり、衛生面の不安を解消します」(TOTO広報部)


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
「ニッポンのおもてなし! G20大阪サミットの「最新トイレ事情」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本のトイレはどこへ向かっているのだろうか

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。