太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五...の画像はこちら >>

2車種で試走した結果、今回はアクセスの業務用電動バイク「スーパーワーク」を相棒に選定。「バイクルL6s」も街乗りにはバッチリだが、長距離への安心感で決断した

2年前、「電気自動車で日本一周」というムチャ企画を成し遂げた男が、次なるチャレンジに目をつけた。今回の乗り物は電動バイク。それもコンセントからの電気は一切使わず、ソーラー発電だけで賄う狂気の「0円旅」だ。や、やれんのか!?

■旅の相棒は業務用電動バイク

年齢制限は16歳以上、実技試験なしで筆記試験のみ。日本の運転免許制度上、最も気軽に取れるのが原動機付自転車免許だ。50ccのエンジンながらスイスイと街を走れ、制限時速30キロの縛りはあるものの、本体も維持費も安く燃費も抜群な庶民の味方。

ところが、その原付が2020年に消滅するという噂がある。噂の主は、当のバイクメーカーのトップだ。

17年6月、スズキの鈴木修会長が「将来は125ccが排気量の下限になり、50cc以下はなくなる」との見通しを発表。18年2月には、ヤマハ発動機の日高祥博社長が50ccバイクの市場について「20年に次期排ガス規制が始まると、20万円近くまで値段を上げないとコストが合わない。厳しい状況になる」と語っている。

だが、そうなると日本に520万台以上あるという原付のユーザーはどこへ? その受け皿が、排ガスを出さない電動バイクだといわれている。

すでに中国では毎年1000万台単位で普及が拡大している電動バイク。複雑なエンジンと違い、基本はモーターとバッテリーのみのシンプルな構造だけに、日本でも多数のメーカーが参入し、魅力的な新型車両で市場がにぎわっている。令和の庶民の乗り物は電動バイクになるのだ。


この記事の画像

「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像1 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像2 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像3 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像4
「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像5 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像6 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像7 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像8
「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像9 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像10 「太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】」の画像11