太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

       

太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

ソーラーリュックは電動バイクを走らせるには発電量が足りなかったが、ナビなどに使うスマホの電源用として背負うことにした

東海道五十三次は京都・三条大橋から東京・日本橋まで、487.8kmの道のり。毎日晴れれば、来年の6月頃に完走だ。

......これではどうしようもない。日照時間・晴天率が全国トップクラスの宮崎県にあるソーラー発電のスペシャリスト、株式会社関谷の関谷勝幸社長に電話してみた。

週プレ あのー、電動バイクにソーラーパネルを積んで充電しながら、ずーっと走り続けたいんですけど。

関谷 ......無理です。

週プレ そこをなんとか!

関谷 電動バイクを充電するとなると、最低200Wのソーラーパネルが欲しい。畳2枚分くらいの広さがありますから、走行中に広げるのは無理ですが、停車中に充電するならできる可能性はあります。ただし、そのままバイクに充電するより、いったんポータブル電源に充電して、そこからバイクのバッテリーを充電するほうが安定します。

週プレ じゃ、それで。

関谷 ............。

電話では、この壮大なロマンは伝わりそうにない。今回の企画のベースキャンプがある兵庫県西宮市からクルマで走ること約1000km、宮崎県の関谷本社に到着した。

太陽光発電だけで走り切れ!「ソーラーバイク0円旅」で東海道五十三次完全制覇!【第1回・準備編】

日照時間日本トップクラスの宮崎県にあるソーラー発電のスペシャリスト企業、株式会社関谷でレクチャーを受けた

■もうこれ以上、荷物を積めない......

「本当に来たんですね......」


週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。