NPBのスカウト陣が目を光らせる、今年のドラフト注目の大学生たち

NPBのスカウト陣が目を光らせる、今年のドラフト注目の大学生たち

東京六大学のライバル、全国の強豪大学相手に快投した明治大の森下。身長180cm、体重75kgと細身ながら、150キロ超のストレートと巧みな変化球で打者を翻弄した

6月17日まで行なわれた全日本大学野球選手権では多くのNPB球団のスカウトが熱視線を送った。

その筆頭格が森下暢仁(明治大)だ。大分商業高時代からドラフト候補と騒がれていたが、本人の希望で大学に進学。2年時から侍ジャパン大学代表(以下、大学代表)に選出されるなど国内外で豊富な経験を積んできた。昨年までは試合終盤につかまることもあったが、今季は主将も任されて精神面も飛躍的に成長を遂げ、ひと皮もふた皮もむけた。

東京六大学野球の春季リーグではチームの開幕戦こそ黒星を喫したが、以降は無敗で優勝に貢献。キレのある最速155キロのストレートに加え、緩いカーブなど緩急も自在。スカウトたちは「どの球種でもカウントが取れて、三振が奪える」と高く評価する。

選手権では名門・東洋大を相手に完封し、決勝の佛教大戦でも9回1失点で完投。チームに38年ぶりとなる優勝をもたらし、名実共に「大学ナンバーワン投手」となった。そして、7月16日から"MLB予備軍"ともいえる大学米国代表と戦う、日米大学野球での活躍も期待されている。

また、チームメイトの右腕・伊勢大夢も日本一に貢献。スリークオーターからキレのいいシンカーと力強いストレートを投げ、7回1安打無失点と好救援を見せた準決勝では、自己最速となる151キロを計測。試合ごとの波がなくなれば、プロ入りも見えてくるかもしれない。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年6月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら