ウィンブルドンへ体を休めた錦織圭。大坂なおみは苦手コートで飛躍なるか

ウィンブルドンへ体を休めた錦織圭。大坂なおみは苦手コートで飛躍なるか

昨年の全英ではサーブの調子がよく、日本男子として23年ぶりベスト8進出を果たした錦織。ケガの状態も気になるところだが、いかに消耗を抑えるかが上位進出のカギになる

テニスの4大メジャーである「グランドスラム」で最古の歴史があるウィンブルドン(全英オープン)が、現地時間7月1日にロンドンで開幕した。"テニスの聖地"ともいわれ、どこよりも伝統と格式が重んじられるこの大会に、日本が誇るトップテニス選手ふたりが挑む。

錦織圭(ATPランキング7位。6月24日付、以下同)は、先の全仏で痛めた右上腕部の回復が思わしくないため、ドイツで開催された前哨戦のノベンティ・オープンを欠場した。

「これ以上のケガのリスクを避けたいので、チームで話し合って休養を決めた」と語った錦織は、全仏では2年ぶり3回目のベスト8に進出したものの、腰、左太もも、右上腕にテーピングをしてのプレーで満身創痍(そうい)だった。

今季のグラス(天然芝)コートでの試合は、全英が"ぶっつけ本番"になるが、過去には前哨戦の大会で3回もケガをし、100パーセントの状態で全英に臨めなかった苦い経験がある。まして、29歳になった錦織はプロテニス選手としては若くなく、健康を最優先にして調子を整えるのは間違った判断ではない。

今春に錦織は調子を落とし、4月からのクレーシーズンのスタートも決してよくはなかった。帯同するダンテ・ボッティーニコーチは、「(圭が)自信を取り戻せれば、100パーセント大丈夫」と前向きな言葉を残していたが、全仏ベスト8という結果は、自信を取り戻すきっかけになったかもしれない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
週プレNewsの記事をもっと見る 2019年7月2日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。