『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像が公開。シンジ役・緒方恵美は「私たちが死なないうちに新作を作ってください」と庵野監督に懇願

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像が公開。シンジ役・緒方恵美は「私たちが死なないうちに新作を作ってください」と庵野監督に懇願

世界9都市で行なわれた『シン・エヴァンゲリオン劇場版 0706作戦』

2020年公開予定の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。その冒頭映像が6日、世界同時公開された。会場のひとつである東京・日比谷には1300人のファンが集結。今後の展開が気になる冒頭映像を、息を押し殺して見守った。

『新世紀エヴァンゲリオン』といえば、日本アニメを世界に知らしめた名作のひとつ。今作は2007年に公開された『序』から始まる「エヴァンゲリオン新劇場版」シリーズの完結編とあって、世界中のファンが待ちわびていた。

今回のイベント『シン・エヴァンゲリオン劇場版 0706作戦』はパリ、ロサンゼルス、上海、札幌、東京(2会場)、名古屋、大阪、博多で開催。会場は当日の正午に発表されたにもかかわらず、東京・日比谷の会場ではおよそ2時間で整理券が配布終了。さらに男性向けアニメでありながら、会場の3割ほどが女性と、改めてその人気ぶりが明らかになった。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像が公開。シンジ役・緒方恵美は「私たちが死なないうちに新作を作ってください」と庵野監督に懇願

緒方が現れると現地・パリでは大歓声が

20時過ぎに始まったイベントでは、フランス・パリで行なわれている『JapanExpo』を生中継。高橋洋子が『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』を熱唱すると、碇シンジ役の声優・緒方恵美も登壇。

緒方は「昨年の終わりに(庵野秀明)監督に呼ばれて、(TVアニメから)24年間の中で初めて『シンジだったらこの結末とこの結末、どちらを選びますか?』と聞かれました。そんな感じで、とても丁寧に作っている」とその製作過程のエピソードを披露。さらに「アフレコが始まって、半分くらいまで録っています。きっと、見たことのない映像が出来上がると思います!」と現状を報告した。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。