炎上しつつ全国拡大上映中のドキュメンタリー映画『主戦場』監督と戦史研究家が対談。慰安婦問題「あった/なかった」論争はなぜ収拾がつかないのか?

炎上しつつ全国拡大上映中のドキュメンタリー映画『主戦場』監督と戦史研究家が対談。慰安婦問題「あった/なかった」論争はなぜ収拾がつかないのか?

ミキ・デザキ氏(左)と山崎雅弘氏

被害者は20万人もいたのか? 強制連行はあったのか? 性奴隷だったのか? 「従軍慰安婦論争」を描いたドキュメンタリー映画『主戦場』が全国で拡大上映中だ。

意見の異なる論者約30名が出演するこの映画は、4月20日の公開当初から激しい賛否両論を巻き起こしていたが、6月19日、一部の出演者が肖像権の侵害などを主張し、監督と配給会社を相手取り、上映禁止と損害賠償を求めて東京地裁に提訴する事態に発展。

映画そのものが「戦場」となりつつあるが、この騒動の前、本誌は監督のミキ・デザキ氏と、戦史・紛争史研究家の山崎雅弘氏の対談を収録していた。燻(くすぶ)り続けるこの論争に、収拾が付くときは来るのか?

■「なかった派」出演者が「裏切られた」と批判

ミキ・デザキ監督の『主戦場』は、4月20日に封切られると連日立ち見が出るほどの反響で、上映館が全国に広まっている。この映画には従軍慰安婦論争の当事者約30名が出演。「被害者20万人」「性奴隷」「強制連行」など、論点ごとに出演者たちの発言をぶつけていくという構成だ。それぞれの主張に濃淡はあるが、日本軍の非人道的行為・違法行為は「あった」とする派、「なかった」とする派の対立構造が基調となっている。

一方、山崎雅弘氏は5月に『歴史戦と思想戦――歴史問題の読み解き方』を上梓。過去の歴史を恣意的に歪曲(わいきょく)しようとする、いわゆる「歴史修正主義者」らの根本には「歴史戦」という概念、つまり「中韓は歴史問題で日本を不当に攻撃しているので、日本人は反撃すべきだ」という考えがあると読み解き、丹念な事実検証をとおし、彼らが用いるトリックやウソを暴いている。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年7月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。