カナダはなぜ消費税を引き下げることができたのか。カナダ人記者が指摘する、日本の財政問題に必要な視点

カナダはなぜ消費税を引き下げることができたのか。カナダ人記者が指摘する、日本の財政問題に必要な視点

「日本では財政の話になると必ず、『消費税をどうするか』という非常に狭いところの話になってしまう」と指摘するジョナサン・ソーブル氏

今年10月に予定されている消費税率10%への引き上げの是非が、参院選でも大きな争点のひとつになっている。巨額の財政債務を抱える日本にとって消費増税は必要だとする声がある一方、日本経済がデフレから脱却できていない現状での増税に反対する声、さらには消費税そのものの廃止を訴える声まで、この問題に関する姿勢は政党によってさまざまだ。

日本で長く活動する外国人ジャーナリストはどう見ているのか? 「週プレ外国人記者クラブ」第143回は、元「ニューヨーク・タイムズ」東京支局記者で、現在は「アジア・パシフィック・イニシアティブ」客員研究員を務めるカナダ出身のジャーナリスト、ジョナサン・ソーブル氏に聞いた──。

***

――経済紙「フィナンシャル・タイムズ」などで記者を務めた経験もあるソーブルさんは、日本は消費税率を引き上げるべきだと思いますか? また、仮に増税が必要だとしても、そのタイミングは「今」なのでしょうか?

ソーブル 残念ながら、私自身、その質問に対する明確な答えは持っていません。ただ、その上で、いくつかの前提を設けてお答えしたいと思います。

まず、一般論としてお話すれば、巨額の財政赤字と共に少子高齢化という問題を抱える日本が、この先、社会保障などのセイフティネットを維持してくためには、どうしてもお金が必要です。プライマリーバランスの健全化、財政均衡を目指すのであれば、安定的な財源となる消費増の増税がひとつの手段であるのは事実でしょう。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年7月18日の政治記事
「カナダはなぜ消費税を引き下げることができたのか。カナダ人記者が指摘する、日本の財政問題に必要な視点」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    消費税をパーセンテージで語って「安い」と言うのは自民党のウソ。福祉をどんどん削っているじゃないか。何が「福祉税」だよ。

    7
  • 匿名さん 通報

    アメリカに貢いでいる巨額の税金のうち、たった1兆円でも原資にして年金支給額を増やせば餓死家庭は減るんだよ馬鹿進次郎。

    6
  • 匿名さん 通報

    金正恩は国民が餓死しているのに軍事力増強をやめない。やってることは安倍晋三も同じ。国交回復して北朝鮮利権で儲ければ日本の景気は良くなって戦争の危機も消えるのにバカか。

    6
  • 匿名さん 通報

    直間比率を言っているが、震災増税で直接税が増えているから、間接税を増やすために消費増税をするから本末転倒だし、結局消費税を上げても安定した財源にならないことがバレてるからな。

    5
  • 匿名さん 通報

    戦闘機を数十兆円で買ったって、防衛力は上がらない。ミサイル戦争になれば国土の狭い日本はあっさり滅びる。それが理解できない馬鹿ウヨの頭って何なの?

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。