世界3位でもピンチ。バドミントン女子ダブルスの東京五輪争いが熾烈すぎる

世界3位でもピンチ。バドミントン女子ダブルスの東京五輪争いが...の画像はこちら >>

※写真はイメージです

バドミントン女子ダブルスで、日本勢が激しい東京五輪出場権争いを展開している。出場権は、1年間の上位成績10大会分の獲得ポイントが反映される、2020年4月末の世界ランキングによって決まる。

同じ種目に同じ国からは最大2組しか出場できないが、8月6日に更新されたランキングでは1位から3位までが日本勢。現状では世界で3位になっても出場できないというハイレベルな争いだ。

その3組は、それぞれ異なる特徴を持っている。16年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した髙橋礼華(29歳)・松友美佐紀(27歳)は、経験値が豊富で連係も抜群。試合中の対応力は他の追随を許さず、序盤で劣勢でも立て直して勝つことが多い。

クレバーな松友が前衛、強弱の球を巧みに使い分ける髙橋が後衛の縦関係になると、相手の連係を崩し続ける攻撃的なラリーで主導権を握り、反撃の機会を与えない。

五輪出場レースに関しても、松友は「最後に、どんなペアにも負けない一番強いペアになっていることが目標」と頂点だけを見据えており、格の違いを漂わせている。ベテランの域に入っているため、タフなレースを戦い続けることが課題になるが、1年間の戦い方は心得ている。

一方、昨年から猛追を見せて世界のトップ戦線まで駆け上がったのが、松本麻佑(24歳)・永原和可那(23歳)の"道産子ペア"。同学年で共に170cmを超える長身を誇り、高い打点から強打を打ちまくる。日本の4番手として繰り上げ出場した昨年の世界選手権で初優勝。一気に五輪のメダル候補に浮上した。


この記事の画像

「世界3位でもピンチ。バドミントン女子ダブルスの東京五輪争いが熾烈すぎる」の画像1 「世界3位でもピンチ。バドミントン女子ダブルスの東京五輪争いが熾烈すぎる」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク