実験場で大爆発するも完成間近? ロシア「核推進ミサイル」の脅威

実験場で大爆発するも完成間近? ロシア「核推進ミサイル」の脅威

爆発により研究員5人が死亡。周辺の放射線量も急上昇したと報じられた

ロシア北西部アルハンゲリスク州の白海沿岸には露海軍北方艦隊が配備され、核攻撃艦艇の3分の2が集結している。8月8日、同地区のミサイル実験場で突然、大規模な爆発事故が起き、研究員5人が死亡した。

露国営原子力企業ロスアトムは、「悲劇はアイソトープ動力源の技術作業中に発生した」という短い声明を公表。ロシア気象庁は13日、周辺地域の放射線量が自然放射線量の16倍に当たる毎時1.78マイクロシーベルトに上昇したと発表した。現地ではそれ以上の数値が観測され、人体への放射能取り込み予防に効果があるヨウ素の販売が急増したとの報道もある。

いったい何が起きたのだろうか?

実は、今回爆発したのは単なるミサイルではなかった。ロシアが開発を進める、原子力を推進力とする超大型巡航ミサイル「9M730ブレヴェスニク」(NATOコード名:SSC-X-9スカイフォール)だったようなのだ。

このミサイルについて、プーチン大統領は昨年3月の年次教書演説で「原子力エンジンで射程が無制限のステルス巡航ミサイルを開発する」と語っていた。航空評論家の嶋田久典氏が解説する。

「露紙『ニェザヴィーシマヤ・ガゼータ』によると、全長は発射時12m、飛行時9m、弾体は1×1.5mの楕円(だえん)形断面で、主翼は直線翼。発射時は固体燃料を使い、巡航時には核エンジンで推進力を得て、亜音速で飛行します。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年8月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら