星稜のスーパーエース奥川恭伸、心優しい泣き虫伝説

星稜のスーパーエース奥川恭伸、心優しい泣き虫伝説

春のセンバツ初戦と同カードとなった決勝で履正社(りせいしゃ・大阪)に敗れ、優勝の夢は破れたが、今夏の甲子園の主役は間違いなく星稜(石川)のエース右腕・奥川恭伸(やすのぶ)だった。

大会前からドラフト1位候補として注目されていた奥川は、準決勝まで自責点ゼロ。決勝の5失点を含めても防御率1.09、41回3分の1を投げて51奪三振という快投でさらに評価を上げた。スポーツ紙高校野球担当記者はこう語る。

「よくフォームがマー君(田中将大[まさひろ]、ヤンキース)に似ているといわれますが、もともとスカウトらの間では『マエケン(前田健太、ドジャース)タイプ』という評価でした。

投げ終わった後に右手が背中につきそうなフォームは、肩回りが非常に柔らかい証拠。だから一見、腰高な投げ方に見えても、体の回転をうまく使っていい球を投げられるんです。

ただ、今大会ではそれに加えて、登板間隔が詰まったなかでのスタミナや、勝負どころでのメンタルのタフさを見せつけました。マー君と同じく、『ピンチでギアを入れる』ようなピッチャーとしてのすごみが感じられましたね」

そのすごみは、対戦相手のコメントからも見て取れる。3回戦で延長14回までになんと23三振を奪われた智弁和歌山の選手たちは試合後、口々にこう言った。

「真っすぐだと思って振ったらスライダーだった」

「スライダーが消えた」

「最後まで甘い所にはまったく来なかった」

当然、メディアの取材合戦も大会が進むにつれ過熱した。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年8月27日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら