サッカー界の高騰する移籍金に宮澤ミシェル「所属クラブで出番を失いながらも、移籍金が高すぎて新天地に移れないのは不幸だよな」

サッカー界の高騰する移籍金に宮澤ミシェル「所属クラブで出番を...の画像はこちら >>

高騰する移籍金について語った宮澤ミシェル氏
サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第112回。

現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。

今回のテーマは、移籍金について。ここ数年、高騰を続けるサッカー界の移籍金。それに伴い恩恵を受ける選手がいる一方で、不幸を被っている選手も多いと宮澤ミシェルは解説する。

*****

監督の構想外になってしまうと、選手にとっては『地獄の時代』とも言えるよな。

今シーズンに向けてレアル・マドリードは、チェルシーからエデン・アザールを1億ユーロ(約122億円)で獲得した。これはレアル・マドリード史上、過去最高額なんだそうだ。

ジネディーヌ・ジダンやロナウド、デイヴィッド・ベッカムを獲得したときの方が、移籍金は大きかったと思っていたけれど、実際には2001-2002シーズン前にジダンを獲得した際にユヴェントスへ支払われたのは7750万ユーロ(約91億円)。ロナウド獲得で前所属のインテルへは4500万ユーロ(約55億円)、ベッカムは3750万ユーロ(約47億5000万円)。

2018-19年シーズンに獲得した"これからの選手"のビニシウスと、"全盛期"のロナウドが同額なのも、時代の流れがよく表れているよな。ベッカム獲得のためにマンチェスター・ユナイテッドに支払われた移籍金は、彼のユニフォームが世界中でどれだけ売れたかを考えれば格安に感じちゃうね。


この記事の画像

「サッカー界の高騰する移籍金に宮澤ミシェル「所属クラブで出番を失いながらも、移籍金が高すぎて新天地に移れないのは不幸だよな」」の画像1 「サッカー界の高騰する移籍金に宮澤ミシェル「所属クラブで出番を失いながらも、移籍金が高すぎて新天地に移れないのは不幸だよな」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク