大船渡・佐々木、星稜・奥川以外にも逸材がずらり! 今秋のドラフト注目の高校生たち

大船渡・佐々木、星稜・奥川以外にも逸材がずらり! 今秋のドラフト注目の高校生たち

2年春から創志学園のエースとして活躍した西。今年は2年連続の夏の甲子園出場を逃したものの、球速を154キロまで伸ばすなど進化を遂げた

両雄が小休止するなか、まるで「高校生の逸材は佐々木と奥川(おくがわ)だけじゃない!」という魂の叫びが聞こえてくるようだった。

今年の高校野球は「高校BIG4」と呼ばれた佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、西 純矢(創志学園)、及川雅貴(横浜)の4投手がプロ垂涎(ずいぜん)の目玉とされてきた。だが、ここにきて佐々木と奥川のふたりが突出した感がある。

さしずめ「ロマンの佐々木、安心の奥川」といったところだろうか。最速163キロの佐々木は、一球投げただけで格の違いを見せる圧倒的なポテンシャルがある。一方の奥川は力と技を併せ持ち、調子が悪くてもゲームをつくることができる安定感が魅力。現段階でふたりとも、今秋のドラフト会議で複数球団が1位指名することは確実な情勢だ。

しかし、ふたりは侍ジャパンU-18代表に招集されたものの、U-18W杯本大会(韓国・機張)では大きく出遅れた。佐々木は右手中指に血マメができ、奥川は準優勝した夏の甲子園の疲労が抜けなかった。そんななか、自身の存在を大いにアピールした有望選手もいた。

かつてBIG4に数えられた西は、順調に階段を上っている。今年は春夏とも甲子園出場を逃したものの、そもそも全国の舞台で名前を売ったのは佐々木よりも奥川よりも早かった。昨夏の甲子園では強豪・創成館から16三振を奪って4安打完封勝利。鮮烈な全国デビューを飾った。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年9月11日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。