「お前ら悔しくないのか?」あの涙は全てガチだった! 山下真司『スクール☆ウォーズ』時代を語る

「お前ら悔しくないのか?」あの涙は全てガチだった! 山下真司『スクール☆ウォーズ』時代を語る

「何度も泣きの演技をするうちに、我慢して我慢して、それでも流れちゃうのが涙なんだと気づいた」と語る山下真司さん

9月20日から開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。その熱い波に乗るかのように、1984年から85年にかけて放送された青春ラグビードラマの金字塔『スクール☆ウォーズ』がDVD-BOXとなって帰ってくる。

これは、京都市立伏見工業高等学校ラグビー部の監督で、元日本代表の山口良治(よしはる)氏をモデルにした滝沢賢治(山下真司)とその生徒の物語だ。滝沢が"泣き虫先生"という強烈なキャラクターで生徒とガチンコする姿に誰もが心を動かされた。

今回はあの唯一無二の泣き虫先生、滝沢賢治役の山下真司さんに、ドラマ撮影時の思い出話からラグビーの魅力まで熱く語ってもらった。

* * *

――早速ですが、山下さんが『スクール☆ウォーズ』撮影前はラグビー未経験だったことには驚きでした。

山下真司(以下、山下) はい、未経験でした。スポーツは好きで長いことバレーボールをしていたけど、同じ球技でもかけ離れているでしょう。だから「これは大変な撮影になるだろうな」とビビりましたよ。でも、自分にとって初の主役だったし絶対に良いものにしようと、骨折出血も覚悟して挑みました。

――『ヒーロー』が流れるオープニング映像でラグビーボールを蹴る様は、初心者とは思えませんでした。

山下 あんな楕円のボールなんて蹴ったこともなかった。でも覚悟は決めてたし、すっごい集中して10数回蹴ったうちの2、3回が成功したかなあ。まぐれですよ。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年9月15日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら