映画『WALKING MAN』ヒロイン・優希美青の意外な素顔「役者だけは楽しいが勝つから、意外と向いてるのかなあ」

映画『WALKING MAN』ヒロイン・優希美青の意外な素顔「役者だけは楽しいが勝つから、意外と向いてるのかなあ」

NHK連続テレビ小説『マッサン』や映画『ちはやふる―結び―』など、13歳のデビュー以来、数多くの映画やドラマに出演している優希美青(ゆうき・みお)。彼女がヒロインを務める映画『WALKING MAN』が11日、公開された。

今作は、母子家庭で育った人前で話すことが苦手なアトム(野村周平)がヒップホップと出会い、貧しい生活から這い上がるため奮闘する物語。カリスマラッパー・ANARCHY(アナーキー)が映画監督に初挑戦したことでも話題になっている。

優希が演じるのはアトムの妹・ウラン。最底辺の環境に嫌気を差し、兄に反抗的な態度を取る女子高生だ。ラップという未知の世界で「これまでにない役」を演じた優希に、映画の魅力や自身の反抗期について聞いた。

映画『WALKING MAN』ヒロイン・優希美青の意外な素顔「役者だけは楽しいが勝つから、意外と向いてるのかなあ」

――今回はラップをテーマにした作品ですが、優希さん自身、ラップを聞いたことは?

優希 ラップは聞いたことなかったのですが、初めてANARCHYさんの曲を聞いたときは、心の叫びがストレートに歌われていて清々しいなと思って、それから毎日聞いて、今ではラップが好きになりましたね。

――ANARCHYさんはご存知でした?

優希 知らなくて、最初に写真で見た時は怖いって思いました(笑)。すごいボロクソに酷いこと言われたらどうしようって。でも初めてお会いした時に私だけでなくマネージャーさんやスタッフの方に握手しながら「よろしくね! 分からないことばっかなので教えてください」ってすごく謙虚でギャップにやられました(笑)。ラッパーの方に会うのも初めてだったので。


あわせて読みたい

ゆうきのプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。