外国人従業員数13000人――コンビニ・ローソンを支える、知られざる外国人研修制度と見直すべき外国人店員への接し方

外国人従業員数13000人――コンビニ・ローソンを支える、知られざる外国人研修制度と見直すべき外国人店員への接し方

ローソンスタッフには全国14都道府県17ヶ所に研修拠点があり、約600名の外国人が登録し、その多くは留学生

都心のコンビニを利用している人であれば、ほぼ間違いなく外国人店員に接客されたことがあるだろう。現在のコンビニ業界は、まさに外国人店員なくしては成り立たないと言っても過言ではない状況だ。

ではなぜ、コンビニには外国人店員が多いのか。彼らはちゃんと業務をこなせるのか。どのような教育を受け、レジに立っているのか。そして、外国人がコンビニで働いて苦労することとは?

そんなさまざまな疑問をぶつけるべく、ローソン傘下で従業員の派遣などを手掛けるローソンスタッフ株式会社の外国人向け研修を取材した。

* * *

ローソンMO推進部の坂本泰司(さかもと・たいじ)氏は、外国人店員が増えている理由を次のように話す。

「近年はどこも人手不足で、採用にかかる費用が高騰し続けています。そのうえ求職者の中にはスマホで複数の求人へ同時に応募する方も増えているため、より採用が難しくなっています。外国人はオペレーションの習得に時間はかかりますが、横のつながりが強く、友達の紹介も行ってくれるんです」

2019年9月現在、ローソンの外国人従業員数は約13000人。2年前と比べ約4500人も増加しており、そのほとんどは大都市圏で働いている。出身地域別ではネパールが最多の31%で、その次に中国、ベトナムと続く。近年はスリランカも増加しており、欧米出身者も珍しくなくなっているという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年10月23日のライフスタイル記事
「外国人従業員数13000人――コンビニ・ローソンを支える、知られざる外国人研修制度と見直すべき外国人店員への接し方」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    暇な60代日本人男性(ゴミ出しチェックとかいちいちしている)近所でも複数います。忙しい他人の事を気にする暇があったら、こ~ゆ~暇で元気な日本人人材を活用する事も法制度化するなどして検討願います。元気!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら