"公道300キロマシン"がひっそり生産終了。サラバ、SUZUKI GSX1300R 隼HAYABUSA!

"公道300キロマシン"がひっそり生産終了。サラバ、SUZUKI GSX1300R 隼HAYABUSA!

隼は公道向けバイクの究極を目指した「アルティメットスポーツ」。見た目もイカつい!

スズキが世界に誇る怪物マシン・隼が生産終了になったというウワサをキャッチ。マジか!

というワケで、その背景と今後どうなるのかを気鋭のジャーナリスト・青木タカオに解説してもらった!

* * *

■現行モデルの隼は、すでに店頭在庫のみ!

――スズキの隼が生産終了ってマジ!?

青木 残念ながらマジです!スズキ関係者に取材したら、国内仕様はもう店頭在庫だけだそうです。

――生産終了の理由は?

青木 世界的な環境規制に対応できないんです。ただし、2代目となる現行モデルは2008年に登場し、そろそろフルモデルチェンジにちょうどいい頃合いでもある。

――ということは消滅ではなく、3代目登場もありえる?

青木 そのウワサは私の耳に届いています。それにスズキは2015年の東京ショーで「繭(まゆ)」と名づけた新型をぎんぎんににおわすコンセプトモデルを展示しています。しかも昨年、スズキ二輪の社長が隼の新型を開発中と明かしています。

――来年はスズキ創業100周年だし、そこに合わせての登場もあるんスかね?

青木 毎年秋に欧州で世界最大級のバイク見本市が開かれていて、そこで発表かなと期待していたんですが、海外のジャーナリストから「北米仕様の隼に新色が出た」という情報があり、オールニューの3代目・隼のデビューはもう少し先だとにらんでいます。

もし2代目を新車で買うなら今しかありません。国内仕様だとリミッターが利いて出ませんが、輸出仕様は長い直線のあるサーキットなら軽~く300キロ出ちゃう怪物です。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年10月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら