卒業発表の矢作萌夏が有終の美。「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」完全レポート

卒業発表の矢作萌夏が有終の美。「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」完全レポート
『第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』で優勝した矢作萌夏
       

卒業発表の矢作萌夏が有終の美。「AKB48グループ歌唱力...の画像はこちら >>

AKB48グループの歌姫を決める戦い『第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦』が10月31日(木)にTBS赤坂ACTシアターで行なわれ、先日グループからの卒業を発表し、ファンに衝撃を与えたAKB48のスーパールーキー矢作萌夏(やはぎ・もえか)が優勝を決めた。

この日は135人が参加した予選を勝ち抜いた19人が4つのブロックに分かれ、生バンドをバックに歌を披露。各ブロックの熱戦の模様を振り返っていこう。

【予選】

第1組 立仙愛理(AKB48)、峯吉愛梨沙(STU48)、山内鈴蘭(SKE48)、山崎亜美瑠(NMB48)

まずはAKB48チーム8のパフォーマー立仙が『決戦は金曜日』で会場を一気に温める。今大会最年少の峯吉はジュディマリの『そばかす』。ステージを駆け回る元気なパフォーマンス。この大会のために好きな酒を止めたという山内は『どこまで~How Far I'll Go~』を表情でも魅せる。予選2位の山崎、「緊張で吐きそうになった」と言いながらも、MISIAの『Everything』を抜群の安定感で歌い上げた。
→決勝進出=峯吉愛梨沙、山崎亜美瑠

卒業発表の矢作萌夏が有終の美。「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」完全レポート

峯吉愛梨沙(STU48)
卒業発表の矢作萌夏が有終の美。「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」完全レポート

山崎亜美瑠(NMB48)

第2組 坂本愛玲菜(HKT48)、神志那結衣(HKT48)、高柳明音(SKE48)、小田えりな(AKB48)、秋吉優花(HKT48)

事前予想でもっとも激戦と言われたブロック。ソロでフジテレビの音楽番組に出演経験のある坂本は奥華子の『初恋』。声量は大きく、感情の入り込みも抜群だ。神志那は肩出しの着物風衣装で山口百恵の『絶体絶命』を歌った。11年目の高柳はKの『Only Human』をしっとりと、感情たっぷりに歌い上げる。小田えりなは清竜人の『痛いよ』。マイクを両手でつかみ体全体で声を響かせる。ラストは予選4位の秋吉。「今まで一番心をこめられた」と振り返ったように『友達の詩』をまったくブレのない圧倒的な歌唱力で魅せた。
→決勝進出=高柳明音、秋吉優花


当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「AKB48」に関する記事

「AKB48」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「AKB48」の記事

次に読みたい「AKB48」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。