「日本の農業はポテンシャルしかない」農業界の"稀人"たちに共通するモチベーション

「日本の農業はポテンシャルしかない」農業界の"稀人"たちに共通するモチベーション

「自分がそれまで農業に抱いてきたネガティブなイメージが、まるでオセロみたいにどんどんひっくり返りました」と語る川内イオ氏

農業就業人口の減少、高齢化、そしてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)や日米貿易協定などの自由貿易や関税撤廃の流れのなかで、窮地に立たされている日本の農業。

そんな農業の世界にあえて飛び込み、独自のアイデアや柔軟な発想で新たな可能性を切り開いている、個性的な10人の取り組みを取材し、日本の農業が秘めた「未来へのポテンシャル」を感じさせてくれるのが、川内イオ氏の著書『農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』(文春新書)だ。

* * *

――川内さんは自称「稀人(まれびと)ハンター」として、多くの「規格外の稀な人」を取材してきたそうですが、農業に興味を持たれたきっかけはなんだったのでしょう。

川内 この本で最初に紹介しているピーナッツ農家の杉山孝尚さんとの出会いが大きいですね。最初は人づてに「こんな面白い人がいるよ」と聞いて、そこから自分で調べてみたんです。

そうしたら、ニューヨークにある世界有数の会計事務所で働いていて、農業経験ゼロだった人が、故郷の静岡・浜松で落花生の栽培からスタートして、究極のピーナッツバターを作っている。はたから見たら「なんじゃそりゃ?」っていうキャリアじゃないですか。

取材に行って話を聞いたら、杉山さんのキャラクターはめちゃくちゃ面白いし、見た目もオシャレだし、ピーナッツバターはかけ値なしにおいしい。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る 2019年11月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。