堂安 律が東京五輪世代の仲間に伝えたいこと「誰かが自分をのし上げてくれると思うな。全員が一選手として自立しないと優勝を狙える集団にはなれない」

全体練習後の居残りシュート練習もどんなモチベーションでやっているのかわからない。「残り5本打ったほうが次の試合でフィーリングがいいからやろう」と思うのか、「みんな残ってるから俺も打っておこう」と思うのか。

自分の感覚で判断できないのはプロとしておかしいですよ。「もうちょっと打たせてもらっていいですか。絶対によくなるので」となぜ言えへんのか。居残りのシュート練習なんて、自分のフィーリングがよかったら上がっていいと思うんですよ。でも誰かが終わるのを待っていたりする。結局、そういう他人任せなところがこの間の試合でも出たんやと思う。

もっと自分の頭を使って判断したり、行動したりしないと。誰かが自分をつくり上げてくれると思ってるなら甘すぎるし、大間違い。自分で自分をつくらなあかんのに、誰かが自分をのし上げてくれると思うなと言いたい。全員が一選手として自立しないと先はないですよ。

■「4人目のオーバーエイジ」として

堂安 律が東京五輪世代の仲間に伝えたいこと「誰かが自分をのし上げてくれると思うな。全員が一選手として自立しないと優勝を狙える集団にはなれない」

欧州組8人を招集するなど、ケガ人を除いてほぼベストメンバーだった

プロである以上、常にサッカー中心で行動すべきだし、そのためにピッチ外での時間の使い方も頭を使って考えるべきだと俺は思う。

例えば、今回の合宿で「午前休み、午後練習」の日があったけど、午前中をどうやって過ごすかはそれぞれの選手の判断に委ねられている。

俺は去年、(長友)佑都君から「1部練で終わるなんて、俺の人生ではもうないよ」と言われて衝撃を受けた。佑都君は「俊さん(中村俊輔)に教わった」と言ってたけど、たとえ全体練習がなくてもジムで体を動かすことの大切さに気づかされた。だから今回もスタッフに確認して、午前中にジムへ行った。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。