次期首相候補・菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?

次期首相候補・菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポン...の画像はこちら >>

「森友・加計(かけ)疑惑も安定した会見ぶりで政権の危機を見事に乗り切り、『鉄壁のスポークスマン』という印象が強かっただけに、ここまで菅長官がヨレヨレになるとは思いもしませんでした」(全国紙・官邸担当記者)

「桜を見る会」スキャンダルで連日、記者の追及を受ける菅 義偉(すが・よしひで)官房長官がポンコツ化の一途をたどっている。就任以来、7年間も大過なく一日2回の定例会見をこなしてきた長官が回答に困り、生気のない表情で立ち往生する姿が目立っているのだ。

世間が「菅さんが変?」と首をかしげたのは12月4日の会見。「桜を見る会」招待者名簿のバックアップデータをめぐる記者とのやりとりで、「ちょっとお待ちください」を連発。官僚からの差し紙(回答案を走り書きしたメモ)を受け取り、そのまま棒読みするシーンが11回も繰り返されたのだ。

「長官が差し紙を受け取る光景そのものが珍しいのに、これだけの回数を重ねたのですから、さすがに記者席もざわつきました。その後も『桜を見る会』に反社会勢力の人物が参加した疑惑に関し、12月の閣議で『(反社会勢力の)定義は困難』と決定したことへの是非を問われると、『お困りであれば、警察に相談を』と珍回答するなど、およそ菅さんらしからぬヨレヨレ会見が続いています」(官邸担当記者)

この体たらくに、菅長官の評価が急落しているのは言うまでもない。ジャーナリストの川村晃司氏が言う。

「誰もが名官房長官と思ってきたのに、追い込まれると意外にもろい。官邸記者の間では『これまでの評価が過大だった。実は大したことはないのでは?』という声も上がっているほどです。危機管理は得意という思いが強いだけに、差し紙頼りの会見を強いられている今の状況は、菅さん本人にとっても屈辱的なはず」


この記事の画像

「次期首相候補・菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?」の画像1 「次期首相候補・菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?」の画像2

当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「次期首相候補・菅官房長官が安倍首相の尻拭いで急失速。ポンコツ化してしまった裏事情とは?」の みんなの反応 47
  • 匿名さん 通報

    名官房長官?前から何も答えてない。 ようやく各記者が少し食い下がって質問をし出しただけのこと。 威圧感だけでよくぞここまで来れたものです。

    27
  • 匿名さん 通報

    なにいってんの、もとからポンコツでしょ。ヤクザばりに脅すしか能がない。

    25
  • 匿名さん 通報

    気の毒でも何でもない。最悪の安倍を守ろうとすると何を言っているのかわからない発言になるしかない。日本から出て行って欲しい。

    16
この記事にコメントする

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。