中国勢を倒して東京五輪「金」へ。日本卓球の若き両エース・張本智和と伊藤美誠が進化中

中国勢を倒して東京五輪「金」へ。日本卓球の若き両エース・張本智和と伊藤美誠が進化中

ここ1年の中国勢に対する勝率が4割を超える伊藤。試合中に新たな戦術や技を試し自分の武器にしていく異例の進化を遂げ、「卓球王国」中国が最も警戒する選手になった

東京五輪に向けた卓球の「シングルス代表争い」は、代表選考基準である今年1月時点の世界ランキング(WR)に反映される最後の大会、ワールドツアーグランドファイナル(2019年12月12日~15日)までもつれた。

男子は、水谷 隼(WR14位。ランキングは以降すべて19年12月時点)が同大会でベスト4入りを果たせば丹羽孝希(WR12位)を逆転できたが、無念の初戦敗退。いち早く内定を決めていた張本智和(WR5位)と丹羽がシングルス代表の切符を手にした。

一方の女子は、最終決戦前のノースアメリカンOPの決勝で、石川佳純(WR10位)がポイントをリードされていた平野美宇(WR11位)を破り逆転した。その後のグランドファイナルで両者が初戦で姿を消し、石川の3大会連続となる五輪出場が決定。やはり先に代表内定を決めていた伊藤美誠(WR4位)と共にシングルス枠を確保した。

男女とも強力なメンバーがそろったが、東京五輪の頂点にたどり着くには、最大の壁として立ちはだかる中国勢を倒さなければならない。その"卓球王国"に対し、どれだけの勝算があるのだろうか。

男子で特に期待度が高いのは、やはり張本だろう。

その張本も、18年のグランドファイナルで史上最年少(当時15歳)での優勝を果たした後、昨年の前半は思うような成績が残せずにいた。4月の世界選手権では、4回戦でWR157位(当時)の韓国・安 宰賢(アン・ジェヒョン)に屈し、試合後の取材エリアで号泣。「何も考えられなかった。ただ、信じられない気持ちで......」と悔しがり、ベンチから立ち上がることができなかった。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。