2020年の日本サッカー界にセルジオ越後「今後の日本サッカーを左右する重要な一年。明るいニュースを期待しよう」

2020年の日本サッカー界にセルジオ越後「今後の日本サッカーを左右する重要な一年。明るいニュースを期待しよう」

U-23アジア選手権のノルマは優勝だと語るセルジオ越後氏

夏に東京五輪があり、9月からは2022年カタールW杯アジア最終予選が始まる。今年は日本サッカー界にとって、今後のレベルアップや盛り上がりを左右する重要な一年になるだろう。

注目はやっぱり東京五輪。1968年メキシコ五輪以来のメダルを獲得し、最終予選を戦うA代表に多くの選手を送り出す。そうなれば最高だ。

ただ、ここのところ流れがよくない。五輪代表は昨年11月のコロンビア戦で、久保、堂安らA代表の常連、さらに海外組の選手を招集しながらも完敗。また、五輪世代中心のメンバーで臨んだ12月の東アジアE-1選手権(韓国)では、韓国に0-1で完封された。はっきり言って強化は遅れている。森保監督のA代表との兼任も、日程の重複などデメリットが目につく。

そこで提案したいのが、東京五輪まで森保監督を五輪代表に専念させることだ。五輪代表は1月8日に開幕するU-23アジア選手権兼東京五輪予選(タイ)を皮切りに、3月に国内で親善試合を2試合、6月にはフランス遠征と強化試合が続く。

一方のA代表もW杯2次予選の試合が続くけど、相手との力関係を考えればすでに突破は決まったようなもの。これまでとは逆に、五輪代表と日程のかぶるA代表の試合はコーチ陣に任せてしまえばいい。悪くないアイデアだと思うんだけど、どうだろう。また、3月の親善試合からはオーバーエイジ(OA)枠を入れ、本番を想定したメンバーで戦ったほうがいい。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「2020年の日本サッカー界にセルジオ越後「今後の日本サッカーを左右する重要な一年。明るいニュースを期待しよう」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    オリンピックで結果を出せなかったらA代表の方もクビ、という条件ならいいと思う。

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。