春節を前に、すでにヒトからヒトへ感染している? 中国「新型肺炎ウイルス」の恐怖

春節を前に、すでにヒトからヒトへ感染している? 中国「新型肺...の画像はこちら >>

感染が広がった武漢の海鮮物市場。ここで働く夫が発症した後、市場に行ったことのない妻が発症したケースも

世界保健機関(WHO)は1月14日、中国・湖北省武漢市で広がっている正体不明のウイルス性肺炎について、コロナウイルスの遺伝子情報から「新型」が検出されたと発表した。

重篤な症状を引き起こすこの肺炎は、武漢市でこれまでに41人が発症し、重症者7人のうち61歳の男性ひとりが死亡。また、すでに同じ中国の深圳、さらに香港、マカオ、シンガポール、タイ、台湾などにまで広がっているとの説もあり、日本でも16日に武漢帰りの中国人の感染確認が発表された。

感染症に詳しい科学ジャーナリストの大宮信光氏が言う。

「死亡した武漢市の男性が業者として出入りしていたのは、海産物のほか鳥やヘビ、ウサギ、ネズミなどさまざまな動物を扱う巨大市場。その面積は5万平方メートルに及び、約1000店が軒を構える場所です。

同じく重症肺炎を起こすコロナウイルスには、2002年から03年に中国を中心として8069人が感染、775人が死亡したSARS(サーズ/重症急性呼吸器症候群)や、12年からサウジアラビアなどで2494人が感染、858人が死亡したMERS(マーズ/中東呼吸器症候群)があり、前者はコウモリ、後者はヒトコブラクダが感染源でした。

いずれも宿主の中で共存しているウイルスが種の壁を越えてヒトに感染すると、高熱が出て重症肺炎になります。今回はまだ感染源が特定されていない上、SARSでもMERSでもない新型ウイルスということで、その感染力や病原性の強さも計り知れません」


この記事の画像

「春節を前に、すでにヒトからヒトへ感染している? 中国「新型肺炎ウイルス」の恐怖」の画像1 「春節を前に、すでにヒトからヒトへ感染している? 中国「新型肺炎ウイルス」の恐怖」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク