火星100万人移住計画にひろゆき「資源開発や研究ならロボットを送り込んで、遠隔操作したほうが安全だし効率もいい」

火星100万人移住計画にひろゆき「資源開発や研究ならロボットを送り込んで、遠隔操作したほうが安全だし効率もいい」

"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。今回は「火星100万人移住計画」の実現度について語る。

* * *

ホリ イーロン・マスク(スペースX社の創設者)が「2050年までに火星に100万人都市を建設する」と言っているよね。100万人は難しいかもしれないけど、かなりの数の人類を火星に送れるようになると思うから楽しみだわ。

ひろ NASAも2030年に火星に人を送ろうとしていますけど、火星まで片道で2年以上かかるといわれていますし、そこまでして火星に行きたい人って、どれくらいいるんすかね?「宇宙に行ってみたい!」という観光旅行だと月の往復ぐらいで十分な気がします。

ホリ うーん。でも割といるんじゃないの?

ひろ いるとは思いますけど、100万人と言われると......。

ホリ まあ、イーロン・マスクもリップサービス的なところはあるとは思うけど、そんなに荒唐無稽(こうとうむけい)な話ではないと思うよ。

ひろ そうなんすか?

ホリ イーロン・マスクによれば、今後10年で「ドラゴン・クルー」という宇宙船を1000機造る計画で、火星と地球の軌道が互いに接近したタイミングで一日に平均3機を打ち上げるみたい。

ひろ へー。ちなみに今年は4機の火星探査機が打ち上げられる「火星探査ラッシュ」なんですが、何か理由あるんですか?


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。