角田陽一郎×澤本嘉光(クリエイティブディレクター)「最新作『一度死んでみた』は『S(死んだ)F(ふり)映画』」

角田陽一郎×澤本嘉光(クリエイティブディレクター)「最新作『一度死んでみた』は『S(死んだ)F(ふり)映画』」

澤本嘉光氏(左)が脚本を担当する『一度死んでみた』について、角田陽一郎氏が聞く

『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『角田陽一郎のMoving Movies~その映画が人生を動かす~』。

前回に引き続き、3月20日(金・祝)全国公開の『一度死んでみた』で脚本を担当する澤本嘉光(さわもと・よしみつ)さんにお話を伺いました!

* * *

──澤本さんが「やられたな」と感じる作品はなんですか?

澤本 やっぱり、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85年)ですね。SFだけど、すべての要素が面白い。しかも基本的にはくだらなくて。時計台にカミナリが落ちたら未来に戻れるとか(笑)。

──3月20日公開の『一度死んでみた』もそんな雰囲気を感じます!

澤本 僕はくだらないものを真剣にやるのが好きなんです。なので、この作品はある種の『BTF』リスペクトでもあります。あと、『時をかける少女』(83年)もそうですけど、僕はもともとSFが好きでして。学生時代に星新一や筒井康隆ばかり読んできたから、少しおかしな、異物を含んだ世界観が好きなんです。

──『一度死んでみた』もそういう意味ではSFですよね。

澤本 「S(死んだ)F(ふり)」と銘打ってます。後から「SF映画を作った」って言いたいから(笑)。でも、よく考えるとソフトバンクの白戸(しらと)家もSFなんですよね。自分ではそう思ってなかったんですけど、あるとき、NHKからSF特番への出演依頼が来て、気づきました(笑)。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。