東西で人気も味もまったく違うのはナゼ? 今、プチブームの「天津飯」研究

東西で人気も味もまったく違うのはナゼ? 今、プチブームの「天津飯」研究

各チェーンの天津飯。(左上から時計まわりに)大阪王将、珉珉、ぎょうざの満洲、餃子の王将

メディアで取り上げられ、静かなブームになっている天津飯。実は味の違いだけでなく、人気も東西でかなり違っていた。有名チェーンの天津飯を見ながら、その謎を研究していこう!

■関西のソウルフードの謎に迫る!

テレビなどのメディアで大きく特集されるなど、にわかに「天津飯」ブームが起こっている。町中華探検家、下関マグロ氏はこう語る。

「もともと『天津飯』は関西ではチャーハン、ラーメンに並ぶ中華の定番メニュー。1番人気という中華料理店も多く、関西人のソウルフードと言っても過言ではありません。

一方、関東ではそこまで注文されるメニューではありません。知ってはいるけど一度も食べたことがない人もいるレベルで、このようにメディアで特集されて初めて興味を持つ人も多く、局地的なブームが起こっていると考えられます」

東西で人気も味もまったく違うのはナゼ? 今、プチブームの「天津飯」研究

確かに週プレが関東・関西出身男性各100名に行なった「天津飯が好きか」のアンケート結果を見ても、好きと答えた人は関西では約50%いるのに対して、関東では20%程度。大きな差がある。

なぜ関西人のほうがよく食べるのか、『中国の食文化研究 天津編』の著者で、辻学園調理・製菓専門学校の横田文良氏が解説してくれた。

「関西で天津飯がよく食べられる理由は、その発祥までさかのぼります。天津飯は実は中国ではなく、日本発祥。戦後、東京では日本人店主の『来々軒』(八重洲)という店で、大阪では中国人店主の『大正軒』(馬場町)という店で偶然同じ時期に別々に誕生しました(現在はともに閉店)。その際、大阪では店主の工夫により、かなり広まったと考えられます」


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月19日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。